ライフスタイル

料理家・長尾智子と改めて考える。いい道具、いい器。

いい道具、いい器。

No. 928(2020.11.16発行)
物語る、日用品。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

ライフスタイルカテゴリの記事をもっと読む

長尾智子 ●料理家
ながお・ともこ/素材の味を生かした料理で人気。民陶の職人と作る〈小石原ポタリー〉のプロデュースも。12月3日より〈とらや東京ミッドタウン店〉の企画展『とらや市・鉢』を監修。https://vegemania.com

ピーターアイビー ●ガラス作家
アメリカ・テキサス州出身。富山在住。シアトルやヴェネチアでガラス制作を学んだ後に独立。ガラスの保存瓶や照明などの作品は、個展などのほか自身の工房〈流動研究所〉でも販売。http://peterivy.com/

photo/
Yoichi Nagano
text/
Masae Wako

本記事は雑誌BRUTUS928号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は928号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.928
物語る、日用品。(2020.11.16発行)

関連記事