ライフスタイル

記念日で、食べ物と人、人と人とを繋ぐ。【たべもの記念日研究家】吉原潤一

時代を変える!? 新〈肩書〉辞典

No. 928(2020.11.16発行)
物語る、日用品。
吉原潤一

「11月11日=ポッキー&プリッツの日」のような、メーカーや生産者が独自に決めた食べ物の記念日を収集、発信する。吉原氏いわく、語呂合わせや創業、収穫の時期にちなんで制定されることが多く、成り立ちにぐっときたのが「11月18日=雪見だいふくの日」。「18」は横に倒すと、パッケージを開けた時の形状に似ていることから名づけられた。日々の献立に取り入れたり、誰かの誕生日にプレゼントしたりと、人と食べ物、人と人を繋ぐきっかけになるのが記念日。個人的には、林家ペーの誕生日暗記のように、すべての記念日を瞬時に言い当てられるようになることを目指している。
【好きな食べ物】シュークリーム。
【影響を受けた本】俵万智『サラダ記念日』(河出書房新社)。

11月11日に記念日が制定されたポッキー&プリッツなど19の食品を集めて行ったイベント。
毎月制作、配布しているたべもの記念日カレンダー。
アイデアをもらった雑学本『今日は何の日』(PHP研究所)。
ライフスタイルカテゴリの記事をもっと読む
文/
福島絵美
写真/
大内香織

本記事は雑誌BRUTUS928号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は928号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.928
物語る、日用品。(2020.11.16発行)

関連記事