エンターテインメント

FBBが言いたい放題! 監督欠席裁判2020 ロングversion

 

No. 927(2020.11.02発行)
映画監督論。

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

エンターテインメントカテゴリの記事をもっと読む

FBB

FBB(ファビュラス・バーカー・ボーイズ)とは?
町山智浩(ウェイン)と柳下毅一郎(ガース)の“映画漫才”コンビ。コンビ名は『恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ』(’89)から、お互いのペンネームは、映画『ウェインズ・ワールド』(’92)から拝借。

町山智浩

まちやま・ともひろ/1962年東京都生まれ。映画評論家、コラムニスト。アメリカカリフォルニア州バークレー在住。ラジオなどでも活躍。近著は『映画には「動機」がある』『トランピストはマスクをしない』など。

柳下毅一郎

やなした・きいちろう/1963年大阪府生まれ。特殊翻訳家、映画評論家。著書に『皆殺し映画通信』『新世紀読書大全』『興行師たちの映画史』翻訳書にアラン・ムーア&J.H.ウィリアムズⅢ『プロメテア』など多数。

Text/Izumi Karashima

本記事は雑誌BRUTUS927号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は927号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.927
映画監督論。(2020.11.02発行)

関連記事