ファッション

『COMME des GARÇONS OSAKA』川久保玲デザインによる難解なラビリンス。

店でこそ味わえる、最高の買い物体験。

No. 924(2020.09.15発行)
必要な服だけを。
広い敷地にとらわれない造り。発想のすごさを体感。奥に写るのはブラック コム デ ギャルソンの売り場。

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

ファッションカテゴリの記事をもっと読む

COMME des GARÇONS OSAKA

今年4月に移転オープン。旧大阪店舗の1.8倍の大きさで、旗艦店では国内一の広さを誇る。●大阪府大阪市中央区南船場4−4−21☎06・4963・6150。11時~20時。不定休。

photo/
Keisuke Fukamizu
text/
Naoto Matsumura

本記事は雑誌BRUTUS924号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は924号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.924
必要な服だけを。(2020.09.15発行)

関連記事