アート

Conquest (2019)|ポープ・L

チンキビジュツ〜世にもおかしなアートの世界〜

No. 923(2020.09.01発行)
新・ニッポン観光
©Pope.L Photo: Amy Eliott

 みな一様に、胸に「conquest(征服)」という言葉がプリントされた白いTシャツを着て、手には懐中電灯、肘には赤いサポーター、そして黒いバンダナで目を覆っています(参加者は、ボランティアで募った人々だそう)。ニューヨークの街中で行われたこのパフォーマンスは、約2.5㎞の距離をひたすら腹ばいで進むというもの。これはしんどいですね。そもそも、手に持った懐中電灯は日中の屋外では無用の長物で、目隠しされているならなおのこと。暑くても疲れても、前進するほかありません。さて、このパフォーマンスの発起人は、絵画、彫刻、インスタレーションなど様々なメディアを用いて制作をするアーティスト、ポープ・L(1955~)。「腹ばいになることで普段は気にも留めない一つ一つの動作を意識し、人種や性別、職種など関係なく周りの人たちへの感覚が研ぎ澄まされるんだ」とおっしゃっています。さあ、この行進を目撃した街の人々はどんな声援を送り、ゴールした人々は何を“征服”できるのでしょう。

アートカテゴリの記事をもっと読む
文/
中村志保

本記事は雑誌BRUTUS923号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は923号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.923
新・ニッポン観光(2020.09.01発行)

関連記事