【編集部のお土産】「最高の朝食を。」担当編集が選んだ<ウマイお取り寄せ・モーニングセット>を1名様にプレゼント

編集部のお土産

No. 920(2020.07.15発行)
最高の朝食を。
写真左から、シングルオリジナルハニー0020、ふりかける潮鰹、宮城県大崎市鳴子産ゆきむすび、畑で採れたピーナッツペースト、ごま塩こんぶ

BRUTUS.jpの「会員」の皆さまを対象にしたプレゼント企画「編集部のお土産」。
当企画は1ヶ月に2回刊行している『BRUTUS』本誌のテーマと連動。特集を担当した編集部員が選定した「お土産」をプレゼントします。

今回は7月15日に発売された「最高の朝食を。」(920号)の担当編集が選んだ<ウマイお取り寄せ・モーニングセット>。

本誌企画<ウマイお取り寄せで作る贅沢モーニング。>では柳原尚之さん(江戸懐石近茶流嗣家、料理研究家)、君島佐和子さん(『料理通信』編集主幹)、渡辺紀子さん(フードジャーナリスト)、長野博さん(歌手、タレント)、ツレズレハナコさん(編集者)、松任谷正隆さん(音楽プロデューサー)の6人に、朝ごはんにオススメのお取り寄せアイテムをご紹介していただきました。

ページで取り上げたお取り寄せの中から選んだ<ウマイお取り寄せ・モーニングセット>を抽選で各1名様にプレゼントします。

内容は以下の通り。

①君島佐和子さん(「料理通信」編集主幹)推薦
<畑で採れたピーナッツペースト>(Bochi/千葉)

千葉県房総で無農薬栽培した落花生を自家焙煎したピーナツペースト。

②渡辺紀子さん(フードジャーナリスト)推薦
<ごま塩こんぶ>(菊乃井/京都)

大正元(1912)年創業の懐石料理店<菊乃井>が作ったごま塩こんぶ。

③長野博さん(歌手、タレント)推薦
<ふりかける潮鰹>(カサネ鰹節商店/静岡)

1882年創業の老舗鰹節商店が作るふりかけ。煮立てた濃い塩水に10日以上漬けた鰹を乾燥させた潮鰹を使用。

<シングルオリジナルハニー0020>(miemie金市商店/京都)

ハニーハンター・市川拓三郎さんが世界中から集めた蜂蜜を瓶詰め。こちらはグアテマラのコーヒーの花から採れる蜂蜜。

④ツレズレハナコさん(編集者)推薦
<宮城県大崎市鳴子産ゆきむすび>(伊達の蔵出し本舗-お米の匠/宮城)

宮城県のブランド米に特化した米専門店が販売するゆきむすび。もっちりして、甘味とツヤがあるお米。

大切な朝の時間のお供に是非!

【応募方法】

1.BRUTUS.jpの会員(無料もしくは有料)に登録。ご登録される方はサイトの右上に表示される「会員登録・ログイン」のアイコンをクリックしてください
*今後は「有料会員」の皆さまを対象にした企画になる場合もございます。

2.登録後、「応募ページ」をクリック

3.応募ページからアンケートへ。アンケートを記入する際に弊社HP「マガジンワールド」のID登録(無料)が必要になりますので、こちらのご登録もお願いします。

4.アンケートを記入して応募完了

次回もお楽しみに!

カテゴリの記事をもっと読む
Photo/
OOUCHI KAORI

本記事は雑誌BRUTUS920号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は920号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.920
最高の朝食を。(2020.07.15発行)

関連記事