ライフスタイル

今町べと人形(新潟県/見附市)

みやげもん

No. 920(2020.07.15発行)
最高の朝食を。
アマビエ800円。素焼きをしないため、壊れたものは土に還るのも特徴です。

子供の発育と厄除けを願う新潟の土人形。

 新潟県見附市にある今町には、明治から続いた郷土玩具「今町べと人形」があります。「べと」とは新潟の言葉で、土や泥の意味。このべと人形は子供たちの玩具として親しまれてきましたが、戦後になって新しい玩具にとって代わられてしまい、廃絶してしまいました。しかし、平成に入り、全国の愛好家より復活を望む声が高まり、地域活性化の一環として〈今町べと人形伝承会〉が作られ、2008年より復元が始められています。

 今町は昔から子供への教育が熱心な町で、人形のモチーフも子供や、子連れのものがとても多いのが特徴です。

 例えば、古くからの代表的な作品である「獅子頭かつぎ」もその一つ。獅子舞は江戸時代に、神楽など様々な芸能に発展し、祭礼行事として全国に広まったもの。学生服のような上着を着た子供が、楽しそうに獅子舞遊びをしており、今町べと人形らしさがとても出ている作品です。また今年、このコロナウイルス禍の中で話題となった、疫病を退散させてくれる妖怪「アマビエ」も新作として登場し、人気を集めています。

獅子頭かつぎ1,500円。

お福さん1,500円(以上今町べと人形伝承会☎0258・66・2249)。

ライフスタイルカテゴリの記事をもっと読む
edit/
Shogo Kawabata

本記事は雑誌BRUTUS920号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は920号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.920
最高の朝食を。(2020.07.15発行)

関連記事