〈Äta〉の「ポテトフライ」

自分史上最多ごはん

No. 920(2020.07.15発行)
最高の朝食を。
奇を衒うこと一切なしの、王道ポテトフライ。ステーキの付け合わせが基本だが、単品でオーダーする場合は800円。(☎03・6809・0965)

東京のレストランに精通する編集長がこよなく愛するポテト。

〈Äta〉は、魚介類がウリのカウンタービストロ。だから、ポテトフライは完全に脇役。なのに、これが実に旨い。ポテトフライ評論家になりたいと思っていたほど好物なので、レストランでメニューにあれば必ず頼むんです。冷凍ポテトを使っていますが、そう聞いて眉をひそめる人は考えが浅い! フレンチの一流シェフが米油で二度揚げして絶妙な塩加減で仕上げるんだから、抜群に旨いんです。 会社から徒歩8分なので、残業帰りに一人でふらりと寄り、ワイン片手にこれを無心で口に放り込めば、たちまちストレスが消し飛んで幸せになれます。

カテゴリの記事をもっと読む

大木淳夫
食のジャーナリスト、ライターが実名で評価するレストランガイドブック『東京最高のレストラン』(ぴあ)の編集長。今年で創刊20年目を迎えた。

取材・文/
小石原はるか

本記事は雑誌BRUTUS920号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は920号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.920
最高の朝食を。(2020.07.15発行)

関連記事