アート

The Shapes Project: Shapes Monoprints(detail) (2005~)|アラン・マッカラム

チンキビジュツ〜世にもおかしなアートの世界〜

No. 919(2020.07.01発行)
東京の正解
©Allan McCollum Courtesy of MoMA.

 額に入った黒い絵がびっしりと並べられたこの作品。似ているようでそれぞれ違って、動物や乗り物だったり、人の顔だったり、何かの記号にも見えたりします(が、そのどれでもないのかもしれません)。もし、「この中から好きなのを持って帰っていいよ」と言われたら、あなたならどれを選ぶでしょうか。一つ選ぶのか、いくつか選ぶのか、それとも全部? 植物が好きだからまずは花に見えるコレ。その隣にこの絵があったらなんとなく関係性があるような気がするからコレにしよう。全部揃えたら人間社会を暗示するように見えてちょっとインテリを気取れちゃうかも。なんて具合に。また、ひとえに「一つ」と言っても、「一つとたくさん」「たくさんの中の一つ」「たくさんとしての一つ」ではだいぶ異なるように思えます。“自分”というのも似ていて、職場や家庭、友人の中でも様々な自分がいますよね。何を基準に自分を自分として認識するのかを思う時、選択されずにいったん脇へと避けられたものたちの遺影にも見えきます。

アートカテゴリの記事をもっと読む
文/
中村志保

本記事は雑誌BRUTUS919号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は919号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.919
東京の正解(2020.07.01発行)

関連記事