ライフスタイル

タダでカルチャー通!

0円の正解

No. 919(2020.07.01発行)
東京の正解

東京には0円で学べるカルチャーがたくさんある。アート、演劇、デザイン、歴史をざっと4億年前から現在まで。要は学ぶ意欲さえあれば、様々な分野のカルチャーが扉を開いて待っているのだ! いざ、街の学舎へ。

0円で堪能するパブリックアート。

街を歩いているとふと遭遇するパブリックアート。屋外ならではのダイナミックな彫刻作品を見に行ってみよう。

東京ガーデンテラス紀尾井町の 名和晃平《White Deer》。

真っ白い鹿の彫刻は、彫刻家の名和晃平によるもの。彼は代表作とも言える無数の透明の球体(セル)で表面が覆われた彫刻「PixCell」シリーズをはじめとして鹿のモチーフをたびたび用いている。鹿は古くから神の使いとして尊ばれてきた存在である。《White Deer》は、鹿の剥製を3Dスキャンしたデータから制作された高さ6mにも及ぶ彫刻である。天に向けて螺旋を描くようなフォルムで、鹿は大空を仰いでいる。背景のオフィスビルとのコントラストも美しい。
●千代田区紀尾井町1−2他☎03・3288・5500。

六本木ヒルズ ロボロボ園の チェ・ジョンファ《ロボロボロボ》。

六本木ヒルズを抜けてさくら坂に出ると、木々の中からカラフルなトーテムポールのようなものが見えてくる。チェ・ジョンファによる44体のロボットから作られているオブジェ《ロボロボロボ》だ。彼は、現代アートの第一線で活躍しながらも、アートは生活に寄り添うべきであり、誰もがアーティストになり得ると言い、彼の考え方が詰まったのがこの公園である。園にはオブジェのほかにも、すべり台や馬乗りになって遊ぶ遊具など、現代アート作品で実際に遊ぶことができる。
●港区六本木6−16−46 さくら坂公園☎03・5114・8803。

ワテラス神田淡路町の 鴻池朋子《ワイルドシングス−地形の魔力》。

巨大な彫刻、動物の皮に描くドローイングなどでモチーフとして描かれるのは、人間と動物、生者と死者、この世とあの世といった境界を超えた壮大な神話。美術家の鴻池朋子の作品は、見る者の想像力を未知の異世界へと連れ出してくれる。御茶ノ水駅から程近い商業施設ワテラスの地面からニョキッと生えた2つの羽もそうだ。高さ6mに及ぶ羽の持ち主だからきっと地中に埋まった体は途方もない大きさのはずだ。目に見えない部分を想像し、子供の頃のワクワク感が蘇ってくる。
●千代田区神田淡路町2−101☎03・3526・3555。

0円で知識を深める個性派図書室。

全国各地に図書館はあるが、専門性の高い美術館の図書室等、所蔵内容を吟味すれば、新しい学びの扉が開く。

東京都写真美術館の図書室で 貴重な写真集に触れる。

写真の魅力はプリントだと言う人もいるかもしれないが、写真集も大事なメディアだ。むしろ写真集を一つの表現媒体として重要視する写真家もいる。ここでは写真集から専門雑誌、展覧会図録まで、約112,000冊を超える蔵書が閲覧できる。書店では手に入らない貴重な写真集があるのも魅力だ。館の展示に合わせた図書も揃う。9月22日まで開催の『森山大道の東京 ongoing』関連の写真集や資料も多数。
●目黒区三田1−13−3 恵比寿ガーデンプレイス内☎03・3280・0099。10時~18時。月曜休。現在予約制。館外貸し出し不可。

画像提供:国立映画アーカイブ

国立映画アーカイブの図書室で 映画文献に親しむ。

映画関連の和書を中心に約50,000冊の蔵書を誇る。京橋という立地の良さから、映画関係者が映画にまつわる様々な資料を閲覧しに来るのはもちろん、ふらりと映画雑誌の最新号を読みに来る人も多い。東京と映画にまつわる本も所蔵が多く、最近の本では映画のロケ地などがイラストで楽しく読める宮崎祐治の『東京映画地図』がおすすめとのこと。
●中央区京橋3−7−6☎050・5541・8600(ハローダイヤル)。12時30分~18時30分(入室は閉館時間の30分前まで)。予約制。館外貸し出し不可。日曜・月曜・祝日休。開室予定はHPで確認を。

小石川図書館で アナログレコードを掘る。

1951年に今の場所に移転し、66年に全面改装した際に設立されたのが2階の「レコード室」。2007年に区の図書館にあったレコードをすべて集め、クラシックからジャズ、ロック、ポップスや落語まで約20,000点の所蔵を誇る。しかも区民は10点、区外の人でも5点まで貸し出し可、館内でも試聴可能だ。スタッフおすすめの盤をかける『レコードの時間』等のイベントでは、無料、入退場自由でレコードから流れる音楽が楽しめる。
●文京区小石川5−9−20☎03・3814・6745。開館時間・休館日、イベントや試聴情報はHPで確認を。

0円で体感する+1ギャラリー。

ギャラリーは無料で美術作品を見られる場が多いが、さらに「+1」の体験ができるギャラリーを紹介する。

『same gallery』で新しいアートが 生まれる現場に遭遇。

武蔵小山のはずれ、元町工場のような建物に新しいギャラリーが誕生した。立ち上げたのはクリエイティブ・ディレクターの長谷川踏太さんや写真家の嶌村吉祥丸さんら10名のメンバー。1階はギャラリーで2階は事務所兼スタジオだ。オープニング展では、参加者がアート作品を持ち寄り壁に飾る『Bring Your Own Art Party』を開催。今後も“非生産的”で“文化的”な展示を企画中。実験的なアートが生まれる現場に立ち合えるだろう。
●品川区荏原4−6−7☎なし。インスタグラム@same_galleryで、最新情報を発信。

武蔵野美術大学 美術館・図書館の 椅子ギャラリーで名作椅子を堪能。

ずらりと約250脚。世界各国のデザインチェアが並ぶ姿は壮観だ。ここでは、1800年代後半以降の椅子を収集しているが、主にデザイナーとメーカーが主体となって量産向けにデザインされた、優れた思想と技術を併せ持つものを重点的に集めている。中には渡辺力や倉俣史朗のなかなかお目にかかれない貴重な名作椅子も見られる。通常はガラス越しに閲覧するが、不定期に開催されるワークショップなどで実際に座り心地を試せる機会も多く設けている。
●小平市小川町1−736☎042・342・6003。開館時間などはHPで確認を。

メゾンエルメスの小さな映画館で 知的好奇心を刺激する。

銀座のど真ん中で映画が無料で楽しめる。銀座メゾンエルメスの8階にアートギャラリーがあるのは有名だが、10階にミニシアターがあるのをご存じだろうか? 40席という小さな映画館〈ル・ステュディオ〉では、年間テーマに基づき独自に選んだ映画を無料で上映。今年のテーマは「イノベーションの動き」。現在は休館中だが、『ムーンウォーク・ワン』という人類初の月面着陸のドキュメンタリー作品をオンラインで上映予定。
●中央区銀座5−4−1 8・10F☎03・3569・3300。予約制(オンライン)。上映再開時期未定。

0円で学べる大学の博物館。

貴重な資料が無料で見られるなんて! 大学付属博物館の扉は、新しい知への入口だ。気軽にノックしてみよう。

城西大学の化石ギャラリーで 生命の歴史に思いを馳せる。

石をハンマーで力強く、かつ中の化石が壊れないよう叩き、パカッと中身が現れた時の感動たるや。このギャラリーのコンセプトは「触って学ぶ」こと。大石道夫コレクション収蔵の魚類を中心とする細部まで化石として保存された貴重な化石200点を展示。数億年前の化石に実際に触れて、凹凸や硬さを体感したり、予約制・有料で化石割り体験ができる。
●千代田区平河町2−3−20 学校法人城西大学東京紀尾井町キャンパス3号棟 B1☎03・6238・8412。11時〜17時(土11時30分〜12時30分は昼休み)。日曜・祝日休。臨時休館あり。

早稲田大学の演劇博物館で 様々なジャンルの演劇に触れる。

16世紀イギリスの劇場〈フォーチュン座〉を模して1928年に建築された建物は、博物館に加え劇場の機能も持つ。資料は歌舞伎や文楽、舞踊、落語、映画やテレビまで約100万点の所蔵を誇り、図書室を備える。2017年の『大テレビドラマ博覧会』では脚本家や俳優をトークショーに招き好評を得た。今後は『Inside/Out ─映像文化とLGBTQ+』を予定。戦後から2010年代までの映画とテレビドラマを対象に、様々な資料からLGBTQ+表象に着目する。
●新宿区西早稲田1−6−1☎03・5286・1829。10時~17時(火・金〜19時)。不定休。

明治大学博物館で 江戸の刑罰について知る。

笞打、石抱、海老責、釣責といった思わず目を背けたくなる江戸時代の刑罰で使われた拷問具・処刑具を展示する明治大学博物館の刑事部門。ここでは、刑法典や江戸時代の警察・裁判・刑罰に関わる資料を展示。江戸時代の法制度では容疑者の自白が重要視されていたため、めったになかったとはいえ、取り調べでの拷問が行われていたという。人権抑圧の歴史から、現在の法制度を考えたい。
●千代田区神田駿河台1−1 明治大学 駿河台キャンパス アカデミーコモン地階☎03・3296・444
8。10時~17時。開館情報などはHPで確認を。

ライフスタイルカテゴリの記事をもっと読む
photo/
Kaori Oouchi
edit&text/
Keiko Kamijo

本記事は雑誌BRUTUS919号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は919号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.919
東京の正解(2020.07.01発行)

関連記事