【全国お取り寄せカレー】掟ポルシェが札幌、仙台、東京、大阪のカレーを食べ尽くす!

「CURRY for Geeks 混ぜる、食べる、混ぜる。」BRUTUS.jp特別記事

No. 918(2020.06.15発行)
CURRY for Geeks 混ぜる、食べる、混ぜる
掟さんが大好きな札幌のスープカレー店<村上カレーぷるぷる>のTシャツできめて、いざ試食!

急増する「カレーの冷凍発送」。大手チェーン店から個人営業のカレー店が、 “自宅で美味しいカレー”を食べてもらうための取り組みをしている。

BRUTUS.jpオリジナル記事ではカレー好きとして有名な福岡在住のミュージシャン・掟ポルシェさんに東京札幌仙台大阪の冷凍カレーをお取り寄せしてもらい、食べ比べしてもらった。

こんな時期でも、冷凍なら開拓できる。

これまでに全国各地のカレー屋を食べ歩いた掟さんは、今回の企画で初めて冷凍カレーを食べて感動を覚えた。
「最近の冷凍技術の進歩はすごい、店で食べるのと遜色が無くなっている。お店に行かなくても、そのお店の味を知ることができるし、冷凍で美味しいカレーが食べられる店には実際に行きたくなりますよね。あと、自分みたいな地方に住んでいる者でも、『いつか食べてみたい』と思っていた全国のカレー店を『カレーの冷凍発送』であればどんどん開拓することができます」

牛すじビンダルーは売り切れ必死の人気メニュー。

CURRY BAR HENDRIX  ●東京

まず掟さんの家に届いたのは東京の人気カレー屋<CURRY Bar HENDRIX>の牛すじビンダルー。スパイスと酢で漬け込んだ柔らかい牛すじがゴロゴロと入った、酸味と辛味が強烈なカレーだ。

「5センチくらいの大きな牛すじが8切れも入っていて、見た目からして高級感があります。これ、2人前で500グラムもありまして。一般的なレトルトカレーが180gくらいなので、1人前あたり250グラムでたっぷり食べられるのがいいですね。味は赤ワインとビネガーの酸味が効いていて、スパイスが感じられつつ煮込まれてまろやかに味が馴染んでいて完成度が高い。カレーとビーフシチューの折衷のようなゴージャスな味わいです。あまりに美味しかったので2人前の500グラム盛り付けたのを一気に8割くらい食べてしまいました。一口食べ出したら止まらないんですよ。『HENDRIX』というだけあって、ジミヘンのギターのような中毒性がありますね」

<CURRY Bar HENDRIX>
牛すじビンダルー2人前
500g
1900円
*現在は品切れ中。
https://hendrixcurry.thebase.in/items/27774484

スパイスの 穴ムジナ ●札幌

野菜の中で生姜が一番好きな掟さんが指名したのは札幌の<スパイスの穴ムジナ>の鳥生姜カレー。たまたまSNSで鳥生姜カレーの写真を見て、大量に使われる生姜、柔らかく煮込まれた鶏肉に心奪われた。いつかは食べてみたい……冷凍で掟さんの夢が実現した。

「『生姜のパワーで免疫力アップ』という謳い文句通りの体に良さそうな味。鶏肉と塩とトマトと玉ねぎとスパイス、そして大量の生姜というシンプルな素材構成で生姜の風味を存分に楽しめる、まさに生姜好きのためのカレー。多分圧力鍋を使っているのかな? ゴロゴロ入った鶏肉の柔らかさは写真を見て想像していた以上で、鶏の旨味も味わえるさっぱりした南インド風のサラサラカレーです。冷凍でこれだけ生姜の香りが立っているので、お店で食べたら生姜度がとんでもないことになってそうです! ああ~、札幌行きたい! もう一品頼んでいたネパール山椒ラムキーマ。ネパール山椒を使うことで、ラム肉特有の獣感をうまく生かしながら臭みを感じさせない絶妙なバランスのカレー。八角か五香粉が入っているのか、ネパールというか中華っぽい味がしますね。個性的な美味しさでこちらもおすすめです」

<スパイスの穴ムジナ>
鶏生姜カレー2人前 & ネパール山椒ラムキーマ2人前 セット
480g×2パック
2450円
https://anamujina.thebase.in/items/27111589


ホロホロに崩れた手羽元との食感と、トマトの甘味がつまった一皿

Kikuchi Curry ●仙台

パキスタンカレーを主力商品とする仙台の<Kikuchi Curry>。そもそもパキスタンカレーとは、パキスタンで親しまれるトマトの甘味と、バラバラにほぐれた手羽元が入ったドロッとしたカレー。現地の味をさらに親しみやすいようにアレンジしたこのカレーは県外のファンも多い。

カレーってよく二日目の方が美味しいっていうじゃないですか? ここのは『四日、五日経っているな』というくらい長時間煮込んだ味で、辛さ控えめで全体的にまろみがあります。手羽元が入っているんですけど、原型がないくらいほぐれた状態で、食感も面白い。水を使わずトマトをベースに煮込んであるそうで、とてもオリジナル。熱狂的なファンがいるのもうなずけるカレーだと思います。お店のご好意でポークビンダルーも入れてくれたんですが、アクセントとして入れたバナナの青々とした風味が前面に出ていてこちらも超個性的。ものすごい攻めたテイストカレーでした」

<Kikuchi Curry>
パキスタンカレー2人前
180g×2パック
1200円
https://kcurry.thebase.in/

左上はチキンカレー、右上はほうれん草カレー、左下はチャナマサラ、右下はキーマカレー。

Mr.samosa ●大阪

最後に掟さんが食べたのは、大阪スパイスカレーの名店<Buttah>で修行を積んだ野崎健太郎さんが開店したお店<Mr.samosa>の4種類のカレー。内容はバターチキン、チャナマサラ(雛豆のカレー)、ほうれん草のカレー、キーマカレー大阪独特の自由なスパイス&食材使いと、インドで修行した経験が込められている。

「冷凍カレーは辛さの基準をどこにするかも重要なポイント。子供でも食べられるように辛さをなくして食べる人によって家庭で調節するか、辛さをそのままにして店の味を伝えることを選ぶか。こちらは全体的に辛めでとても好みの味。全部美味しかったんですけど、キーマが今回の企画で食べたカレーの中で一番口に合いました。荒目に挽いた豚肉と牛肉の合挽きの他に、味のアクセントとして豚のレバーなどの内臓のミンチが入っています。モルトビネガーとシャープな辛さのグリーンチリを使い、内臓独特の臭みを旨味に変えて活かしている。更に尖った辛みのマスタードシードのプチプチした食感が加わって、特徴的で中毒性の高い旨さがあります。このカレーのために大阪に行きたくなったほど。他の3種類は、インド料理を学んだ人が作る、基本に忠実な直球のカレーですが、このキーマは変化球。<Mr.samosa>は味の球種が多彩な万能ピッチャーという印象ですね。チャナマサラも煮込みすぎず豆の食感をしっかり残してあって、豆好きにはたまらないと思います。ここのは原材料名や解凍の方法を事細かに書いた紙で包装されていて、冷凍お取り寄せ商品として完成されています」

◉Mr.samosa
4種の冷凍カレーセット
・バターチキン
・キーマ
・チャナマサラ
・ほうれん草
各250g
各400円
Instagram(@mr.samosa
)にDM、もしくは☎︎0665757876にお問い合わせください。

最後に全ての冷凍カレーを食べた掟さんは振り返る。

「いや、全部美味しかったので、順位は決められなくらい均衡してますし、どのお店にも実際足を運びたくなりました。福岡発の飛行機はコロナの影響で便数が制限されていますし、ご時世的にまだまだ仕事や行で地方に行くのは難しい。そんな状況の中、全国各地の美味しいカレー店が、本来お店でしか食べられなかったカレーを冷凍して自宅まで届けてくれる。こんなにありがたいことはないですね」

カテゴリの記事をもっと読む

おきて・ぽるしぇ/ニューウェイヴバンド『ロマンポルシェ。』のVo.&説教担当。これまで『盗んだバイクで天城越え』他、8枚のCDをリリース。コラムも執筆しており、これまでに『豪傑っぽいの好き』(ガイドワークス)『男の!ヤバすぎバイト列伝』(リットーミュージック)など著書も多数。

Text/
Eisuke Onda(BRUTUS.jp)

本記事は雑誌BRUTUS918号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は918号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.918
CURRY for Geeks 混ぜる、食べる、混ぜる(2020.06.15発行)

関連記事