『Sakeria 酒坊主』●代々木八幡

あの店の名物〆カレー。

No. 918(2020.06.15発行)
CURRY for Geeks 混ぜる、食べる、混ぜる

カレーの専門店ではないけれど、旨いと評判のカレーがある店。最高の食材、極上のだし、専門分野の調味料を使い、研ぎ澄まされた技術で仕上げられた唯一無二の味は、看板メニューとして供されることも。食べずして帰れぬ味に、カレーの奥深さを感じずにはいられないのだ。

ポークビンダルー1,5 00円。一晩マリネした豚肉は軟らか。酸味もまろやかだ。芳醇旨口で重厚な飲み口の旭若松純米酒は150㎖1,200円。日本酒は燗酒向きを中心に約60種。

日本酒の味わいに輪郭を与える、 香り立つ仕上げの追いスパイス。

 発酵食品やジビエなど、エッジの利いた食材も日本酒の肴に変えてしまう店主の前田朋さん。その凄技を支えるのがスパイスだ。「スパイスの香りは、日本酒との相性が良いんですよ!」。豚肉の旨味とスパイスの香味、ビネガーの酸味が凝縮された「ポークビンダルー」は、〆の一杯に合わせるのが正解。パンチの効いた味わいは、米の旨味の強いフルボディの日本酒と好相性ゆえだ。時をずらして立ち上がるカルダモン、ヒバーチ(石垣島のロングペッパー)、黒コショウのかぐわしい香り。仕上げ前のスパイスの一振りが、酔い心地の最後に日本酒のフレーバーを濃厚にする。

仕上げに振るカルダモン、ヒバーチ、黒コショウ。マリネ用のスパイスも手ずからすり潰すなど、香りのために一手間を加える。

カテゴリの記事をもっと読む

『Sakeria 酒坊主』
東京都渋谷区富ヶ谷1−37−1 ロナーYSビル2F☎03・3466・1311。16時~23時(日・祝14時〜21時)。不定休。カウンター9席、テーブル8席。メニューは黒板の日替わりのみ。鶏挽き肉のキーマや牡蠣カレーも不定期で登場。

photo/
Yoichiro Kikuchi, Shin-ichi Yokoyama, Hiromi Kurokawa
text/
Haruka Koishihara, Koji Okano, Ayako Takahashi
edit/
Haruka Koishihara

本記事は雑誌BRUTUS918号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は918号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.918
CURRY for Geeks 混ぜる、食べる、混ぜる(2020.06.15発行)

関連記事