『創作カレー MANOS』●三軒茶屋|大阪スパイスカレーのDNAが放つ、 印、日、中、タイの合体プレート。

東京の混ぜるカレー。

No. 918(2020.06.15発行)
CURRY for Geeks 混ぜる、食べる、混ぜる

 カレーは、チキンを定番に、キーマ縛り、チャレンジ枠の3種。が、チキンにしても、タマネギを炒めるところから、ではなく、鶏肉と大根を、ブリ大根のごとく和風の鶏だしで煮て、グレービーと合わせるという、我が道を行くもの。そしてこの日のキーマは、ガパオライスを食べていて閃いたという、アジと豚挽き肉の酸味のあるナンプラー風味。チャレンジ枠は、火鍋のスープから発想を得たという、キクラゲ入りの白湯ベースの八角風味だ。この枠にはチリコンカン的なカレーが登場することも。まるで異種格闘技戦のごとき皿だが、定番のチキンが和テイストの食べやすい味なので、混然一体となってもちゃんとおいしい!

 その凄腕ぶり、経歴を聞けば、納得である。店主は、大阪と東京の〈旧ヤム邸〉で、ルール無用、完全オリジナルのカレーを365日考案し続ける、というハードな課題で鍛え上げられた遠藤僚さん。東京に店を構えて10ヵ月。大阪スパイスカレーのDNAは、東京でどう円熟するか、楽しみ。

3種がけ(1,400円)

2 枝豆のココナッツ炒め。
3 週替わりのチャレンジカレーから。大阪スパイスカレーで近頃よく見かける白湯スープがベースの、八角(アニス)入り中華風カレー。
4 月替わりのキーマカレーから。アジと豚挽き肉が混在するカレーは、ナンプラーとレモンが入ったタイ風で、フレッシュバジルがトッピング。
5 大根が入った定番のチキンカレーには、これまた和食材、白髪ネギのトッピング。
6 ちょっと見えにくいが、ここに南インドでお馴染みの、いちばん優しい豆カレーが潜む。これも定番。
7 トッピングで+100円。
8 ヒヨコ豆の粉で作った薄焼きせんべい。

オススメの食べ方

1 最初は、食べやすい定番の大根入りチキンカレーと、ダル&ライスを混ぜてどうぞ。
2 あとは、フリースタイル。最後に全部混ぜれば、口の中でインドとタイ、中華が華麗に競演します。
3 いろいろな国の料理を、カレーにアレンジしています。

店主/遠藤僚さん

カテゴリの記事をもっと読む

『創作カレー MANOS/マノス』
東京都世田谷区太子堂3−18−2 1F☎03・6805・3376。12時~15時LO(売り切れ次第終了)、19時~22時LO。月曜・金曜休。カウンター5席、テーブル6席。カレーは一種がけ1,000円〜。

ランチ、ディナー共にイートイン可能でテイクアウトも継続する予定。

photo/
Naoki Tani, Yasufumi Onda text/Yuko Saito, Kei Sasaki

本記事は雑誌BRUTUS918号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は918号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.918
CURRY for Geeks 混ぜる、食べる、混ぜる(2020.06.15発行)

関連記事