ライフスタイル

小さな魚の探求に、大きな情熱を注ぐ。【岸壁幼魚採集家】鈴木香里武

時代を変える!? 新〈肩書〉辞典

No. 918(2020.06.15発行)
CURRY for Geeks 混ぜる、食べる、混ぜる

 漁港に流れ込み岸壁に棲み着く、全長1㎝にも満たない幼魚や稚魚を採集、飼育し、その生態を発信する。物心つく前から網を片手に海遊びをしていた鈴木氏は、週に1度は欠かさず漁港へ。採集は日中から夜通し続くこともあるが、集中していると寒さも暑さも、眠気すら感じない。自宅では常時70種類150匹程度の幼魚を飼育し、日ごとに体の色や性質を変える=変態する様子や表情を観察。怒った時に目がつり上がり、オーラに迫力が出たりするさまは魚も人間も変わらない。
【好きな幼魚】ウマヅラハギやソウシハギ等のカワハギの仲間。シルエットが好み。
【好きな魚料理】アジのなめろう。房総半島では必ず堪能。
【ユニフォーム】水兵ルック。出典は映画『ベニスに死す』。

鈴木氏による世界初の大発見となった深海魚・アカグツの稚魚。正面顔を押さえるのは師匠であるさかなクンの影響。

ライフスタイルカテゴリの記事をもっと読む
写真/
黒川ひろみ
文/
福島絵美

本記事は雑誌BRUTUS918号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は918号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.918
CURRY for Geeks 混ぜる、食べる、混ぜる(2020.06.15発行)

関連記事