ライフスタイル

人のため、自分のために、パシられる。【パシられ屋】しゅうこう

時代を変える!? 新〈肩書〉辞典

No. 915(2020.05.01発行)
HOME SWEET HOME 居住空間学2020

 Twitter等で使いっ走りの依頼を募集し、法やモラルに反しない限り、原則何でも無償で引き受ける。2018年夏頃、当時ひきこもりだったしゅうこう氏が「人の役に立ちたい」と始動。コンビニでお茶を買ってきたり忘れ物を届けたりする些細なものから、ペットの蛇の餌となる冷凍ネズミを買いに走ったり、アイドルの限定グッズを求め行列に2時間並んだりする特殊なものまで。これまで70件近い依頼に応えるも、あくまでも「自分が楽しくてやっている」とのこと。依頼主と関係性を築けることが何よりの報酬である。【驚きのパシリ】女性の一人ラーメンに付き合ったこと。【リピート率】約4割。【愛読書】『GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代』(三笠書房)。

木村拓哉さんのライブが開催された際、ファンの集合写真の撮影のためだけに国立代々木競技場へ。

ライフスタイルカテゴリの記事をもっと読む
写真/
黒川ひろみ
編集・文/
福島絵美

本記事は雑誌BRUTUS915号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は915号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.915
HOME SWEET HOME 居住空間学2020(2020.05.01発行)

関連記事