エンターテインメント

創作欲をそそる巨匠の映画愛を。|奥山大史 → 佐久間宣行

佐久間宣行のカルチャー交歓!

No. 914(2020.04.15発行)
いつか旅に出る日。
奥山大史

 はじめまして、奥山です。佐久間さんが手がける『ゴッドタン』の芸人マジ歌選手権には、いつも笑わせてもらってます。前回薦めてもらった『マインド・ゲーム』、生きることへの讃歌のような映画で、本当にエネルギーがすさまじかったです。一度死んでしまった主人公の圧倒的な生への衝動が感じられて、突き抜けた展開や奇抜なアニメ演出も真っすぐに楽しむことができました。お返しにオススメしたいのは、映画『マルサの女』のメイキング映像『マルサの女をマルサする』。周防正行監督が撮っているので普通のメイキングとは一味違います。例えば、本編の舞台が国税局であることにちなんで、映画の製作費やその内訳が細かく説明されているのが面白いんです。さらに、ワクワクしながら映画を撮る伊丹十三監督が延々映されるので、落ち込んでいる時でも、創作欲をかきたてられます。未見でしたらぜひ!

©伊丹プロダクション

『マルサの女をマルサする』

監督:周防正行/出演:伊丹十三ほか/『マルサの女』の製作過程を紹介したドキュメンタリー作品。映画の予算やスタッフの苦労する様子が記録されている。伊丹十三 FILM COLLECTION Blu-ray BOX Ⅱに収録。/東宝/23,000円(BD)。

エンターテインメントカテゴリの記事をもっと読む

奥山大史

おくやま・ひろし/1996年東京都生まれ。映画監督。初長編作『僕はイエス様が嫌い』がサンセバスチャン国際映画祭で最優秀新人監督賞を受賞。

佐久間宣行
さくま・のぶゆき/1975年福島県生まれ。テレビ東京プロデューサーとして『ゴッドタン』等を担当。『オールナイトニッポン0(ZERO)』に出演中。

編集・文/
福島絵美

本記事は雑誌BRUTUS914号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は914号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.914
いつか旅に出る日。(2020.04.15発行)

関連記事