エンターテインメント

Z世代の旗手、SASUKEとMAPPYによる「僕たちの本音」。

BRUTUSCOPE

No. 912(2020.03.16発行)
WORK WEAR 働く服は美しい

16歳と18歳。ゼロ年代生まれ、音楽業界を騒がせている早熟ミュージシャンによる同世代対談。

 16歳のトラックメーカーSASUKEと18歳のジャズピアニストMAPPYこと甲田まひる。Twitterやインスタから登場した彼らは、10代とは思えないパフォーマンスを繰り広げ、ツウな大人たちを唸らせている。2020年代のアンファンテリブル。恐るべき子供たちの素顔はいかに。

MAPPY(以下M)
SASUKE君を知ったのは、「中学生のトラックメーカーでヤバい子がいる」って聞いて、YouTubeで路上ライブの映像を観たのが最初だった。トラックに合わせてドラムパッドを叩いて生演奏して、歌も歌って、ダンスもめちゃうまい。うわ、すっごい子が出てきたっ! って。
SASUKE(以下S)
僕も「ジャズを弾くヤバい子がいる」って聞いて、インスタを見た。ファッショナブルでクールなイメージだったけど、会ったらとっても親しみやすくて、すぐ仲良くしてくれて。でも……。
でも?
イベントでセッションしてみたらもっとヤバかった。本番前のリハーサルを一切してくれなかったし、アドリブは異次元だし(笑)。
音楽の入口って何だった?
両親が音楽好きで。僕が2歳のとき、音楽に合わせて僕が踊るようになって、というのが最初かな。
そのときの記憶はある?
ある。好き嫌いが結構あって、好きじゃないのは「飛ばして」って言ってた。昔は、ノリノリの曲だけが好きで、バラードは飛ばしてた。
めっちゃわかる! バラード飛ばすよね。いまだに飛ばすもん。
僕はもう飛ばさないよ(笑)。
M
自分で作るようになったのは?
5歳のとき。父親のノートパソコンを触るうちに、ガレージバンド(*音楽ソフト)を見つけて、やってみたらすぐハマって。時間があれば、踊るか、曲を作るかになった。
M
すごい! 早熟!
S
MAPPYちゃんも小さい頃からピアノを始めたんでしょ?
M
私は5歳から。クラシックをやってたんだけど、先生がクラシックをジャズにアレンジしてくれるのが楽しくて。ジャズのコードの響きが好きになった。クラシックも(ジョージ・)ガーシュウィンとか(ニコライ・)カプースチンとかジャズ寄りの曲を弾くようになって。それで、ジャズの名盤をいっぱい聴くようになったのが8歳、9歳の頃。バド・パウエルとセロニアス・モンクにすっごくハマって。そんなカンジ。
S
しかし、「新世代」といわれるのが申し訳ない気がする。自分たちの世代を代表している気分もないし。そもそも、同世代で一緒にできる人がいないから一人でやってるわけだし、話が合うのも、大御所のミュージシャンの方々ばっかり。だから僕、気持ちは50歳、とよく言ってる。16歳の皮を被った50歳です(笑)。
M
めっちゃわかる! ジャズも大人だらけの世界だし、やっぱりできるだけ重い音で弾くのがいちばんなのね。深みのある音って、年齢を重ねることで出るものだし。だから、「おじさんみたいなジャズを弾くね」と言われるのがいちばん嬉しい。私も50歳の音で弾きたいもん。
S
18の皮を被った50だ(笑)。
M
憧れの人って誰かいる?
S
昔はブルーノ・マーズだった。曲を作って楽器を全部やって歌って踊るから僕のやってることに近いなって。それ以上の存在を僕は目指そうと。でも、教授(坂本龍一)の『async』を聴いてから、これはヤバいと。そこからは、尊敬する人は教授。教授のポートレートが表紙の『サウンド&レコーディング・マガジン』をパソコンの横に置いて、いつも顔を見ながら曲作ってる(笑)。
M
YMOの人たちって、楽器、めっちゃうまくない? 
S
そりゃそうだよ!!
M
しかもYMOって、私たちの世代が聴いてもすごく新鮮。こういう音、私も作りたいなって思うもん。
S
MAPPYちゃんの憧れは?
M
ブラックミュージックが大好きだから、ローリン・ヒルの雰囲気は好き。ファッションやパフォーマンスを含めて、追いかける存在かも。でも、いちばん会いたいのは甲本ヒロトさん。私のヒーローだから。でも、自分が自信を持って、こういう音楽をやってます、こういう表現者です、と言えるようになるまでは会えない。あと、ジャズの先輩、タモリさんにもお会いしてみたい。私のCDを聴いてくださったみたいで。
S
タモリ倶楽部』?
M
出たい! 絶対出てみたい!

『Kyou No Artist』

5月1日、SASUKE主催の音楽イベントを開催。ゲストアクトにSTUTSや甲田まひる(MAPPY)も出演。会場/代官山SPACE ODD、開演/19時、チケット/3,000円(税込み1ドリンク別)。問合せ/https://www.creativeman.co.jp/event/sasuke-kna/

エンターテインメントカテゴリの記事をもっと読む

甲田まひる(MAPPY)

こうだ・まひる/2001年沖縄県生まれ、東京育ち。小6で始めたインスタが話題となりファッショニスタMAPPYとしてブロガーデビューし、雑誌などで活躍。17年、ジャズピアニストとしての活動を開始、18年にメジャーデビュー

SASUKE

さすけ/2003年愛媛県生まれ。14歳のときに原宿の路上で披露したフィンガードラムのパフォーマンスが話題となり、18年にメジャーデビュー。トラックメーカーとして国内外からオファー殺到中。新曲「Part.2」配信中。

photo/
Nahoko Morimoto
text/
Izumi Karashima

本記事は雑誌BRUTUS912号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は912号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.912
WORK WEAR 働く服は美しい(2020.03.16発行)

関連記事