ファッション

『使い方次第で、どんなものもワークウェアになり得る。』ブレンドン・バベンジン/NOAH

デザイナーとワークウェア。

No. 912(2020.03.16発行)
WORK WEAR 働く服は美しい

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

ファッションカテゴリの記事をもっと読む

Brendon Babenzien

2015年NYのマルベリー・ストリートに路面店をオープン。生産背景におけるサステイナビリティや自然環境における社会問題にも積極的に取り組んでいる。この春、東京原宿に続き国内2店舗目を大阪にオープン予定。

photo/
Mark Hartman
text/
Momoko Ikeda

本記事は雑誌BRUTUS912号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は912号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.912
WORK WEAR 働く服は美しい(2020.03.16発行)

関連記事