ライフスタイル

大阪に来たら、 サウナよりも銭湯や!

銭湯の正解

No. 911(2020.03.02発行)
大阪の正解

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

ライフスタイルカテゴリの記事をもっと読む

牧田耕平

●THE UNIONデザイナー
まきた・こうへい/大阪のアパレルブランドTHE UNIONのデザイナー。銭湯愛好家のためのブランド、THE UNIIN(湯にイン)をスタート。銭湯にはスケボーで。

ANI(スチャダラパー)

ラッパー
アニ/今年、デビュー30周年を迎えるラップグループ、スチャダラパーのMC。30周年記念公演を5月に大阪東京で開催。「週1回のペースで行きたい」銭湯派。

桶美

●温浴施設愛好家
おけび/2019年は365日皆勤で、トータル427回銭湯へ。合言葉は「風呂は1日1回って誰が決めたんや」「フルタイム風呂タイム」など。町の温冷浴伝道師

『末広温泉』 ●平野
医学者・西勝造博士が生み出した健康法、その一つ、元祖西式温冷浴を取り入れた平野区を代表するホットスポット。水風呂は地下150mから汲み上げた天然地下水。●大阪市平野区背戸口2−1−19☎06・6703・5356。14時~24時30分。金曜休。大人450円(税込み)。

photo/
Kiyoshi Nishioka
text/
Yusuke Nakamura

本記事は雑誌BRUTUS911号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は911号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.911
大阪の正解(2020.03.02発行)

関連記事