エンターテインメント

♪ドランドラ〜ン、ドラーン。 ドラン劇場の始まり始まり〜。|『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』

みんなの映画 by Takashi Homma

No. 911(2020.03.02発行)
大阪の正解
『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』監督:グザヴィエ・ドラン/脚本:グザヴィエ・ドラン、ジェイコブ・ティアニー/出演:キット・ハリントンほか/3月13日、新宿ピカデリーほかで全国順次公開。©2018 THE DEATH AND LIFE OF JOHN F. DONOVAN INC., UK DONOVAN LTD.
ホンマタカシ(以下H)
♪ グザちゃんー、ドランドラーン、ふんふんふん。
BRUTUS(以下B)
何、鼻歌してるんですか? まさか、グザヴィエ・ドランの歌、勝手に作りましたね(苦笑)。
♪ドランドラーン、ドラーン、待望の新作だよ〜。
前作『たかが世界の終わり』(*1)でカンヌ国際映画祭グランプリを獲得したグザヴィエ・ドラン(*2)の新作ですから、浮かれちゃう気持ちもわかるような……。8歳の時にレオナルド・ディカプリオにファンレターを書いたという思い出をヒントに描かれたスターと少年の物語です。
とりあえず観ちゃうよね。出だしから、期待感半端ない。2時間ずっとミュージックビデオみたいな隙のない画作りで、こんな有名な曲をここでかけるか! みたいな衒いのなさ! 格好良くて何が悪い! 気持ち良くて何が悪い! オイラは、ドランドランのグザちゃんだぞ! って感じで。
キット・ハリントン、ジェイコブ・トレンブレイに、ナタリー・ポートマン、スーザン・サランドンと新旧実力派俳優の競演も圧巻です。
冴えない風体の日本人は、もう、平伏するしかないよね。ビートルズが来日したら、もうキャーキャー失神するまで叫ぶしかない みたいな(笑)。
譬えが古いですよ。ホンマさんもそれはリアルタイムじゃないですよね。
♪ドラン、ドランー、ふんふん。
あっ、歌ってごまかした。
エンターテインメントカテゴリの記事をもっと読む

*1

12年ぶりに再会した家族の一日を描く。感情をぶつけ合い、その不器用な愛情に気づいていく。

*2

1989年カナダ生まれ。19歳で初監督作品『マイ・マザー』がカンヌ国際映画祭・監督週間部門に選出。

本記事は雑誌BRUTUS911号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は911号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.911
大阪の正解(2020.03.02発行)

関連記事