ライフスタイル

感覚を最優先してつくった、現場主義のアトリエ。『FARMOON』

おいしいレストランには、アイデアが詰まっている。

No. 910(2020.02.15発行)
キッチン
壁面で存在感を放つのが益子で見つけた水屋箪笥。円卓の上のシャンデリアは、インドの木製のオブジェを照明に仕立てたもの。調理道具や器も含め、船越さんがデザインし、時代や国籍を問わないもので構成された空間。

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

ライフスタイルカテゴリの記事をもっと読む

FARMOON

2018年オープン。●京都府京都市左京区北白川東久保田町9☎なし。〈茶楼farmoon〉12時〜17時(16時30分LO)。月曜〜水曜休。夜は紹介制プライベートレストラン。不定期開催のイベントはInstagram(farmoon_kyoto)で確認を。

photo/
Keisuke Fukamizu
text/
Mako Yamato

本記事は雑誌BRUTUS910号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は910号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.910
キッチン(2020.02.15発行)

関連記事