ライフスタイル

中村好文×石村由起子 建築家と施主の生活視線が通じ合うキッチン。

建築家と料理好きは、 理想のキッチンをどうつくったのか。

No. 910(2020.02.15発行)
キッチン

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

ライフスタイルカテゴリの記事をもっと読む

中村好文
なかむら・よしふみ/1948年千葉県生まれ。武蔵野美術大学建築学科卒業。吉村順三設計事務所を経て81年〈レミングハウス〉設立。代表作に〈museum as it IS〉〈伊丹十三記念館〉など。

石村由起子
いしむら・ゆきこ/1952年香川県生まれ。84年、奈良市内でカフェと雑貨の店〈くるみの木〉開店。現在は同市に〈鹿の舟〉も運営。食や暮らし関連のプロデュース業でも活躍。

photo/
Masanori Kaneshita
illustration/
Kenji Oguro
text/
Mari Matsubara

本記事は雑誌BRUTUS910号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は910号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.910
キッチン(2020.02.15発行)

関連記事