旅と地域

アウトドアリゾート

目的別ホテル案内

No. 905(2019.11.15発行)
ニッポンのホテル。
The Caravan 夕暮れから星空への変化を楽しみながら食事を。

欧米に端を発するアウトドアステイ。グランピングの一歩先を行く、究極の屋外リゾート“アウトドアホテル”とは? 専門家の話とともに、今注目の3軒をピックアップ。

The Caravan 長野/阿智ほか

全国の国立公園を巡る、移動式アウトドアホテル。

巡業型のホテルとして、これまで長野県の阿智村や栃木県の牧場、軽井沢の高原などを回ってきたが、昨年には環境省と国立公園オフィシャルパートナーシップを締結。国立公園での宿泊が可能になり、よりユニークなステイ体験を提供できるようになった。食事にもこだわり、有名シェフや土地の人気店を招き、コース料理を提供する。●場所は開催地により異なる。☎03・6382・6545。1泊2食付き1名60,000円〜。2017年7月開業。

採石場だった地下空間〈大谷採掘場〉でディナータイムを提案。

ラグジュアリーな〈CanvasCamp〉のコットンテントで快適にステイ。

東京クラシックキャンプ 千葉/千葉

都心からアクセス良好な会員制グランピング。

スウェーデンベルギーから輸入した広々とした常設グランピングテントや手作りの木造キャビンに滞在できる。コンシェルジュが焚き火や自然遊びをサポート。「ゆったりした空間作りが魅力的ですね」(須藤)。●千葉県千葉市若葉区和泉町363−3☎043・488・6211。テント1泊2名18,000円〜、キャビン1泊2名40,000円〜(ビジターは平日1回のみ宿泊可)。テント6棟、キャビン5棟。2018年7月開業。

絨毯敷きで2台のダブルベッドを設置。洗面台、バスタブも備え付けてある。

夜は焚き火を囲んで。夕食は6種のメインボックスからチョイス。ダッチオーブンの煮込みや鍋料理などメニュー豊富。

GLAMP ELEMENT 滋賀/米原

オールインクルーシブの自由気ままなスタイル。

池の周りを囲むように客室棟が点在する。プライベート感のあるゆったりとした配置で、2階建てのヴィラや日本初上陸のレインドロップテント、ドームテントなどスタイルは様々。各棟にはウッドデッキがあり、朝食やディナーはそこで。飲食や温泉、カヌーなどのアクティビティも滞在費に含まれているので支払い不要のスタイルも気楽でうれしい。●滋賀県米原市池下60−1☎0749・55・3755。1泊2名利用時の1名26,500円〜。全15棟(1棟4〜6名)。2017年6月開業。

各棟にある専用カヌーで散策へ。

メイン棟にはキャンプファイアーもできるラウンジ。「アウトドアコンテンツの取り入れ方のバランスがいいんです」(須藤)。

形がかわいいロータステントも。

グランピングをさらに極めた、アウトドアホテル。

キャンプだけど、未経験者OK、しかも手ぶらで気軽にアウトドア体験ができるとあって、ここ数年急速に人気が高まっているグランピング。そのコンセプトをさらにレベルアップさせているのが旅するアウトドアホテル〈The Caravan〉の須藤玲央奈である。

日本では今、さまざまなスタイルのアウトドア施設が誕生しています。僕たちはその中でも、自然との距離の近さに徹底してこだわっています。それでいてホテルクオリティのサービスやホスピタリティにも手を抜かない。大自然に身を置きながら食事や空間を満喫し、不自由なく滞在を楽しむ。贅沢でワイルドなリゾートステイなんです。そのための仕掛けを、常日頃から考えています」

 決まった場所を持たない巡業型ホテルというのも理由がある。日本の四季を追い、国立公園や高原、渓谷など、その時期に最も美しい景観の場所を探し、テントを張るためだ。

「何もないところに贅沢を見出すことがアウトドアの醍醐味です。日本は、北に行けば流氷が漂着し、南の海に潜れば美しい珊瑚礁が広がっている。驚くべき自然資源を持つ国なんです。それを生かした屋外型のリゾートは、今後、より注目されていくと思います。広大な森、川や景色、それらがすべて滞在者のために用意されているかのような造りが理想ですね。アクティビティにも貪欲になります」

 すでに先駆的な発想やハイクオリティのサービスを提供するリゾートスタイルのグランピング施設も、急増中だ。

「〈東京クラシックキャンプ〉や〈GLAMP ELEMENT〉は自然と共生する目的意識を持ちながら、ホスピタリティの面も考え抜かれていて学ぶことが多い。今後このジャンルは多方面にコラボレーションが進んでいき、思わぬ場所に新しいアウトドアリゾートができる可能性があると思います。日本各地に、屋外でステイを楽しむリゾートがもっと広がっていくと思いますよ」

旅と地域カテゴリの記事をもっと読む

須藤玲央奈

●Wonder Wanderers
代表取締役

すどう・れおな/1987年生まれ。2017年にWonder Wanderersを設立。旅するアウトドアホテル〈The Caravan〉を主催するほかキャンプスタイルのウェディングやイベント、野外フェスの設営、オペレーションを行う。

本記事は雑誌BRUTUS905号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は905号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.905
ニッポンのホテル。(2019.11.15発行)

関連記事