〈李園〉の 「パイコー炒飯」

自分史上最多ごはん

No. 898(2019.08.01発行)
ことば、の答え。
パイコー(揚げた豚肉)と青菜をパラパラ炒飯にオン。品の良い味つけが、店の長い歴史を物語る。1, 000円(税込み)。(☎045・621・9878)

〝最多ごはん"に加えて、リクエストが実ったメニューも魅力的!

どの町にもあるありふれた中華料理店の風情だし、駅からも遠い。なのに、いつも賑わっていて何なら行列も。何を食べてもおいしく、壁じゅうに貼られた色とりどりの短冊は眺めているだけでも楽しいお店です。学生の頃から長く通っているので、顔くらいは覚えてくれているのかもしれませんが、そんなことを微塵も感じさせない接客も好き。“最多ごはん”は「パイコー炒飯」ですが、名物「トマトタンメン」をはじめとしたトマト入りメニューも好きで、「牛トマト飯」を白飯でなく炒飯で、と頼み続けていたら、ある日短冊に採用されました(笑)。

カテゴリの記事をもっと読む

satomika

日本の神社仏閣、あるいは欧米のカーテンの留め具でお馴染みの「タッセル」をモチーフにしたチャーム「tassel boy」の作者。
ウェブサイト

取材・文/
小石原はるか
イラスト/
渋谷直角

本記事は雑誌BRUTUS898号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は898号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.898
ことば、の答え。(2019.08.01発行)

関連記事