エンターテインメント

産業としての活版印刷の歴史をつなぐ、溪山丈介さん。

ことばが生まれる場所へ。

No. 898(2019.08.01発行)
ことば、の答え。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

エンターテインメントカテゴリの記事をもっと読む

溪山丈介

たにやま・じょうすけ/〈FIRST UNIVERSAL PRESS〉代表。音楽の仕事などを経て、叔父が営んでいた〈内外文字印刷〉の閉業を機に独立。書籍の活版印刷を請け負うことのできる稀少な存在に。活版の普及にも努める。植字台の前に立ち、校正刷りに書き込まれた赤字を反映して組版に修正を施す。活字を拾い、差し替え、行間や文字間を作る道具も調整する、どこまでも手作業の世界。

photo/
Koh Akazawa
text/
Hikari Torisawa

本記事は雑誌BRUTUS898号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は898号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.898
ことば、の答え。(2019.08.01発行)

関連記事