エンターテインメント

新宿から世界を見つめる俳人・北大路翼さんの夜の城。

ことばが生まれる場所へ。

No. 898(2019.08.01発行)
ことば、の答え。

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

エンターテインメントカテゴリの記事をもっと読む

北大路翼

きたおおじ・つばさ/「屍派」家元。著書に、句集『天使の涎』と『時の瘡蓋』、「屍派」の句会で生まれた108句を編んだ『アウトロー俳句 新宿歌舞伎町俳句一家「屍派」』、俳句入門書『生き抜くための俳句塾』がある。天守閣と名づけられた4畳ほどの部屋に車座になり句会がスタート。Twitter経由で届いた投句もすべて読み上げられ、北大路さんをはじめ参加者たちの講評を受ける。

photo/
Koh Akazawa
text/
Hikari Torisawa

本記事は雑誌BRUTUS898号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は898号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.898
ことば、の答え。(2019.08.01発行)

関連記事