エンターテインメント

小説家・酉島伝法さんの書斎は、風が吹き抜ける川縁。

ことばが生まれる場所へ。

No. 898(2019.08.01発行)
ことば、の答え。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

エンターテインメントカテゴリの記事をもっと読む

酉島伝法

とりしま・でんぽう/2011年『皆勤の徒』で創元SF短編賞を受賞しデビュー。同作で日本SF大賞受賞、英訳版も高い評価を受ける。初の長編小説『宿借りの星』では、ますます拡張する酉島遠方ワールドを満喫できる。“地球ではあまり見かけない、人類にはまだ早い系作家”
という異名も忘れさせるのどかな光景の中で、独特の造語に彩られた異形のSF世界が生み出されていく。

photo/
Kunihiro Fukumori
text/
Hikari Torisawa

本記事は雑誌BRUTUS898号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は898号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.898
ことば、の答え。(2019.08.01発行)

関連記事