アート

怪しく謎に満ちた、EYEが生み出すアート、音楽、言葉。

BRUTUSCOPE

No. 897(2019.07.16発行)
決闘写真論
EYE XOX, 1996 ©EYE

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

アートカテゴリの記事をもっと読む

『Vong Co RAHZI (ボン コ ラージ)』

〜8月10日、BLUM & POE東京東京都渋谷区神宮前1−14−34 5F)で開催中。EYEを中心に据え、安野谷昌穂、五木田智央、金氏徹平、森千裕といった作家たちが、ペインティング、映像、立体、サウンド、パフォーマンスなど多様な媒体によって展開するグループ展。最終日には、20時からTRUNK(HOTEL)で、EYEや五木田智央によるDJイベントあり。
Courtesy of the artist and Blum & Poe, Los Angeles/New York/Tokyo

text/
Shiho Nakamura

本記事は雑誌BRUTUS897号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は897号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.897
決闘写真論(2019.07.16発行)

関連記事