〈とうふの比嘉〉の 「ゆし豆腐セット(小)」

自分史上最多ごはん

No. 896(2019.07.01発行)
新・珍奇植物

「味わうな、沁みろ」 20年間惚れ込む、滋味深い一杯。

 もう20年近く前のこと。畑の真ん中においしい豆腐屋さんがあると、石垣島に詳しい方に教わって訪れたのが最初です。以来、島へ行くたびに必ず一度は食べています。これをいただくと、やっと石垣島に来たと実感できる。というか、今や行かないと落ち着かないほど。

 舗装されてない農道を車でガタガタと走っていくと、突然ポツンと小屋のようなお店が現れる。壁はなく、よしずが立てかけてあるだけ。柔らかい日差しと風がそよぐ空間で、最初はそのまま、残り半分は豚の脂で炒めた「油みそ」を入れてお味噌汁のようにしていただきます。

カテゴリの記事をもっと読む

小沢高広

漫画家ユニット〈うめ〉の脚本担当。現在は『月刊コミックバンチ』で「東京トイボクシーズ」、Web「cakes」で「ニブンノイクジ」などを連載中。

取材・文/
小石原はるか
イラスト/
©うめ

本記事は雑誌BRUTUS896号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は896号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.896
新・珍奇植物(2019.07.01発行)

関連記事