テーマ〈続々々・令和〉

平常心ブラザーズの平常心を失くす日。

No. 896(2019.07.01発行)
新・珍奇植物
やつい 
令和女子大とか、できるんですかね?
宮沢 
それを言うなら平成女子大って聞いたことないな。女子大とか女子高が作られなくなった。
やつい 
そうか。昭和顔ってあるじゃないですか。令和顔も作られていくわけですよね。
宮沢 
もうすごいよ、令和顔は。でも昭和顔は定着するまでに60年間あったから。平成は30年、平成顔が定着する時間が足りなかったね。っていうか、昭和顔が決まったのって、平成入ってからでしょう。
やつい 
比較対象がないといけないのか。
宮沢 
平成に入ってから少し古い笑いのことを「昭和か!」って言ったけど、今度は「平成か!」って言うのかどうか。
やつい 
平成だけのものってあるのかな。平成30年だから、よく考えたら僕は人生ほぼ平成なんですよね。そうしたら、スマホだ、平成に流行ったもの。ユーミンは平成のことを「CDがものすごく売れるようになって、売れなくなるまで」って言ってました。確かにそうなんですよ。平成元年くらいから普及し始めて、むっちゃ売れ続けて、今、売れなくなった。そして令和はサブスクとレコード。
宮沢 
みんなアナログ出すよね。
やつい 
最近はCD出さないで、サブスクとレコードっていう人もいますね。CDにQRコードみたいなものが入ってて、スマホでダウンロードできたり。もうCDってなんなんだと。
宮沢 
ラジオ『すっぴん!』出演の最後の日に、山下達郎さんの「いつか晴れた日に」をアナログでかけたら、今までずっとCDで聴いていたのと曲のイメージが全然違った。
やつい 
これ以上は聴き方が変わることはないでしょうね。データって極限じゃないですか。物質的には何もないんだから。
宮沢 
いや、脳に直接来るとか、想像もできないものが出るね。
やつい 
令和、何が流行るんだろうな。「ボクらの時代さ」って言いだすのは、結構先ですよね。
宮沢 
15年くらい先だろうな。
やつい 
必ず、「ボクらの時代さ」って言いだすんですよね。
宮沢 
平成25年くらいに生まれた子たちが、意外とすぐに言いだすかもしれない。
やつい 
でもそれは論破できますよ。お前、平成生まれじゃないかって。(テーマ了)

宮沢章夫

遊園地再生事業団主宰。著書に『長くなるのでまたにする。』ほか、多数。

やついいちろう

エレキコミック。DJのほか、ライトガールズとしても楽曲を発表している。

写真・編集・文/
村岡俊也

本記事は雑誌BRUTUS896号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は896号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.896
新・珍奇植物(2019.07.01発行)

関連記事