旅行

栄のど真ん中で1周200mの 空中散歩をのんびり楽しむ。

“でら”楽しい 昼間の 過ごし方。

No. 895(2019.06.14発行)
名古屋の正解

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

オアシス21 水の宇宙船

夜はフォトスポットとしても有名で海外からの観光客も多い。毎日21時から始まる1分間のレインボーライトアップは必見。
名古屋市東区東桜1−11−1☎052・962・1011。10時~21時。無休。

秋葉山 圓通寺

熱田神宮のすぐ近くにあり、火の神様として敬われ、「火渡り神事」でも有名な古いお寺。「秋葉さま」として地元で親しまれている。
名古屋市熱田区神宮2−3−15☎0120・560・566。9時〜17時。無休。

四間道と屋根神様

古民家や土蔵を改装した飲食店・雑貨屋が次々とオープンしている注目のエリア、円頓寺商店街に立ち寄るのもおすすめだ。秋にはマルシェパリ祭』も開催される。
名古屋市西区那古野1付近。

文化のみち 二葉館

不定期開催のイベントでは、女性のみ、無料で当時のようなドレスを着て撮影可能。要確認。入場料200円。
名古屋市東区橦木町3−23☎052・936・3836。10時~17時。月曜休(祝日の場合は翌日休)。

ノリタケスクエア名古屋

併設のノリタケミュージアム(入場料500円)では豪華なオールドノリタケなどの展示物も鑑賞できる。
名古屋市西区則武新町3−1−36☎052・561・7290。10時~18時。月曜休(祝日の場合は翌日休)。

たつや

看板に「嫁入」という文字があるように、名古屋の結婚式でよく見られる「菓子まき」では、いまだに駄菓子が使われている。
名古屋市西区新道2−5−1☎052・571・4660。7時~17時。日曜休。

sahan

月1回ほど展示イベントあり。自然光が店内に降り注ぐ大きなガラス窓が目印。キッチン用品好きにおすすめ。
名古屋市千種区猫洞通3−21 KRAビル1F☎052・783・8200。11時~19時。不定休

suzusan

「ありまつ」と絞りで染められた暖簾もおすすめ。旧東海道が色濃く残る町並みを、カメラ片手に散歩するのもいい時間。
名古屋市緑区有松3026☎052・693・9624。11時~17時。火曜・水曜・木曜休。

紙の温度

最も高級な金唐紙は1枚20万円! 紙のプロ「ペーパーアドバイザー」はどんなことでも相談に乗ってくれる。
名古屋市熱田区神宮2−11−26☎052・671・2110。9時30分〜17時30分。日曜休(祝日は営業)。

両口屋是清 東山店

2階では年4回(春夏秋冬)、3ヵ月コース(9,720円)の菓子教室も開催。毎回2種のお菓子作りができる。要確認。
名古屋市千種区東山通4−4−1☎052・782・1115。9時~18時。無休。

案内人 加藤幹泰
大ナゴヤツアーズ実行委員会 代表

かとう・みきやす/1984年生まれ。名古屋市出身。「ナゴヤを面白がる」視点で様々なイベントを行う。名古屋圏の文化を“体験”を通して伝える大ナゴヤツアーズを運営。

加藤さんが主宰する大ナゴヤツアーズとは?

名古屋を中心とした東海エリアの街の魅力を「体験」「学び」「見学」「街歩き」を通して楽しめる体験プログラムツアー。年間200ツアー以上開催。参加費2,000円~。ツアー申し込みはhttps://dai-nagoyatours.jp/へ。問合せはinfo@dai-nagoyatours.jpまで。

photo/
Masahiro Ota, Kazuhiro Tsushima
edit&text/
Mikiyasu Kato

本記事は雑誌BRUTUS895号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は895号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.895
名古屋の正解(2019.06.14発行)

関連記事