ファッション

成り上がりの象徴? 単なるキャラクターの一つ? 芸人にとって、“スニーカー”とはなんなのか?

スニーカー調査ファイル。

No. 894(2019.06.01発行)
愛と欲のスニーカー

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

ファッションカテゴリの記事をもっと読む

アントニー(マテンロウ)

1990年東京都北区生まれ。アメリカ人の父と日本人の母の間に生まれる。高校在学中に現在の相方・大トニーとコンビを結成。ちなみに英語はほとんど話せない。

NIKE×Supreme/Jordan 5 Retro Black
「僕はジョーダン5が発売された1990年生まれだから、愛着があるんですよね。2015年に発売されたシュプリームとのダブルネームは、今でも大切に履いています」

上田歩武(グッドウォーキン)

1980年滋賀県生まれ。20歳の時、大阪NSCに入学。2015年に同期の良平とコンビを結成。現在は劇場出演のほか、刺繍キャップブランド〈goodwalkin〉も運営。

CONVERSE×J.W.ANDERSON/Run Star Hike
「海外のサイトで狙っていたんですけど、オークションで探し、プレ値で買いました。こういうボリューミーなスニーカーが好きだし、今の気分にぴったりですね」

石田たくみ(カミナリ)

1988年茨城県生まれ。2011年に鉾田市の幼馴染みの竹内まなぶとコンビ結成。デビュー前にスニーカーショップ〈CHAPTER〉でアルバイトしていたことでも知られる。

New Balance/1530
「今年、発売から30周年を迎えた人気モデルの1500。それを記念して1530が出ました。僕も30歳なんで、同期ですね。オリンピックイヤーに発売される1300も楽しみ」

photo/
Atsushi Ishihara
text/
Katsumi Watanabe

本記事は雑誌BRUTUS894号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は894号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.894
愛と欲のスニーカー(2019.06.01発行)

関連記事