ライフスタイル

テーマ〈続・令和〉

平常心ブラザーズの平常心を失くす日。

No. 894(2019.06.01発行)
愛と欲のスニーカー
やついいちろう
宮沢章夫
宮沢 
俺が岸田戯曲賞を受賞した時の竹中(直人)のスピーチも全部嘘。出会いの話からするんだけど、竹中が多摩美に初めて行ったら、どこからともなくニール・ヤングの「孤独の旅路」が聞こえてきて、誰か探していると、俺がいるらしいんだよ。目が合ったら急にギターをやめて、ピースって言ったって。
やつい 
本当に言ったんですか?
宮沢 
言ってないよ。
やつい 
細身のパンタロン穿いて、ガリガリとは言ってましたけど。
宮沢 
学生の時に作った映画を友達が持ってて、8㎜だったものをDVDに焼いて送ってくれたの。観たらガリガリでびっくりした。うちのカミさんがそれを観て「今のこれは全部肉か」って言った。
やつい 
あれが本体かと(笑)。
宮沢 
髪の毛長くて。
やつい 
やっぱりちょっとニール・ヤング的な感じで(笑)。片桐(仁)も多摩美卒なんですが、3月30日に合格したっていう補欠の中でも最後の合格者だったらしい。
宮沢 
俺も何も勉強しないで受験して、終わった次の日にやっぱり勉強しなくちゃいけないんじゃないかって、参考書買った。
やつい 
受験終わってから(笑)。
宮沢 
そうしたら受かってた。片桐君、卒業してから大学でスピーチしたって?
やつい 
先日の入学式で祝辞を読んだんです。でも何も書いていかなかったらしいんです。しゃべりがうまい人がやるやつを、しゃべりがへたな片桐がやったらダメだろうと思うんですけど、案の定、一切ウケなかったと。
宮沢 
タモリさん的なことをやろうとしたんだ。
やつい 
すっかり波風もなくなった佐野研二郎をもう一回いじったらしいです。片桐、同級生だったから。でも全然ウケなくて、ウケないもんだからまた言っちゃう。ひとしきり終わった後に背中を叩かれて、振り返ったら本人で。先生だから、壇上にいたらしい。片桐だけ気づいてなくて、悪口言ってた(笑)。
宮沢 
名前を隠して隠して、お前だよ、佐野! って言うのが定石じゃない。
やつい 
本人、笑ってたって言ってましたけどね。
宮沢 
竹中も目立ってた。スクールバスの後ろでいつもモノマネやってたし。
異常者ですけどね、聞いてる限り(笑)。
(続く)
ライフスタイルカテゴリの記事をもっと読む

宮沢章夫

遊園地再生事業団主宰。著書に『長くなるのでまたにする。』ほか、多数。

やついいちろう

エレキコミック。『やついフェス2019!』を6月15日・16日、渋谷で開催。

写真・編集・文/
村岡俊也

本記事は雑誌BRUTUS894号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は894号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.894
愛と欲のスニーカー(2019.06.01発行)

関連記事