フレッシュフルーツの外皮を容器にした見た目も美しいアイス。

Coming Soon?? |日本に来て来て、あの店、このサービス!

No. 894(2019.06.01発行)
愛と欲のスニーカー
キウイ、キンカン、デーツ、ココナッツ、プルーンなど、フルーツソルベの盛り合わせは見た目も華やか!

Fruttini by MO

この店の魅力は?

1.材料に詰めるアイスは容器要らずでエコ。
2.脂肪分・添加物フリーのナチュラル冷菓。
3.盛り合わせは、手みやげに最適。

季節を問わず、街角でも家でも楽しめるスイーツとしてアイスクリーム熱は世界各地で高まっている。イタリアの製法でジェラートを作る高品質なジェラテリアが人気を博すなか、昨年末に登場したフルーツソルベ(シャーベット)の専門店〈フルッティーニ・バイ・エム・オー〉が話題を呼んでいる。

 店内に入り、まず目を奪われるのはカウンターにずらりと並ぶ美しいフルーツソルベ! 

「レモンやオレンジの皮にシャーベットを入れる南イタリアの伝統冷菓をほかのフルーツでも試したい」と、経営者のオリヴィア・ベルダとマリー=ロール・ポレは、イタリアジェラートマスターに弟子入りした。そして、完成したのが、果実、果汁と砂糖とミネラルウォーターのみというシンプルな素材を空気を混ぜながら丹念に攪拌する、というレシピ。その結果、驚くほど滑らかでクリーミーな食感のソルベが完成した。

 季節とともに旬のフルーツで作るソルベが登場し、いまはサクランボやイチゴなども並ぶ。ライチやクルミ、プルーンなどの小サイズからパイナップル、カボスの大きな果実まで、レパートリーは30種余り。各種盛り合わせて持ち帰れば、その華やかさに家族のテンションが上がること間違いなし。誕生日や記念日の注文も多いとか。眺めるだけで気分も上がるフルーツ冷菓は今夏、さらなるブレイクの予感。

カテゴリの記事をもっと読む

フルッティーニ・バイ・エム・オー

ジェラート、フルーツソルベは店内でもいただけるし、テイクアウトもできる。●24, rue Saint−Placide 75006 Paris☎(33)1・43・20・47・31。10時30分〜19時。日曜休。https://fruttinibymo.fr

photo/
Toshiaki Miyamoto
text/
Chiyo Sagae
edit/
Kazumi Yamamoto

本記事は雑誌BRUTUS894号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は894号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.894
愛と欲のスニーカー(2019.06.01発行)

関連記事