独自の進化を遂げた〈ヴィラ・アイーダ〉の20年。|和歌山

あの町の、イタリア料理店へ。

No. 893(2019.05.15発行)
新・日本のイタリアン。
店の裏手のハーブ畑で。現在0.7ヘクタールの畑で年間約100種の野菜、果物、ハーブを栽培。おかげで、芽、花、未熟の実など、様々な段階の植物が使えて楽しい。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

カテゴリの記事をもっと読む

Villa Aida

新しいスタイルは、1営業1組(2~10名、3日前までの予約)、1人19,440円(アペリティフ付き)。ゆっくり楽しんでほしいとの願いから。畑も案内してくれる。予約の詳細はこちらで確認を。1名の場合は要相談。和歌山県岩出市川尻71−5。不定休。

photo/
Tetsuya Ito
text/
Michiko Watanabe

本記事は雑誌BRUTUS893号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は893号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.893
新・日本のイタリアン。(2019.05.15発行)

関連記事