独自路線で深まる、 西のイタリアン。| 関西

あの町の、イタリア料理店へ。

No. 893(2019.05.15発行)
新・日本のイタリアン。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

カテゴリの記事をもっと読む

PAJATA ROSANERA

大阪府大阪市北区堂島1−3−24 エスパス北新地20 4F☎06・6342・9192。18時~23時LO。日曜休、不定休。(サ)10%。

Il Povero Diavolo

大阪府大阪市浪速区敷津東2−2−1 317号☎06・4395・5150。12時~13時LO(日・祝のみ)、18時30分~20時30分LO。水曜休、月1回不定休。

ORTO
京都府京都市中京区衣棚通三条下ル三条町337−2☎075・212・1166。12時~13時LO、18時~20時LO。月曜・火曜昼休、不定休。(サ)10%。

Ristorante L'incontro

奈良県奈良市薬師堂町9☎0742・26・8959。11時30分~14時30分LO、18時~22時LO。水曜休。

photo/
Kunihiro Fukumori
text/
Mitsuhiko Terashita

本記事は雑誌BRUTUS893号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は893号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.893
新・日本のイタリアン。(2019.05.15発行)

関連記事