中村嘉倫 | ROZZO SICILIA(白金高輪)

イタリア料理で人生変わった、 74年生まれの黄金世代シェフ。

No. 893(2019.05.15発行)
新・日本のイタリアン。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

カテゴリの記事をもっと読む

ロッツォ・シチリア東京都港区白金1−1−12☎03・5447・1955。18時~翌1時(料理は23時LO)。日曜・月曜休。33席。アラカルトのみ。540円。パレルモ名物ヒヨコ豆のフリット「パネッレ」、ゆで卵、濃厚トマトソース漬けなど突き出しは648円~。深夜はワインバー使いもOK。自家製果実酒も大充実。

photo/
Naoki Tani, Yoichiro Kikuchi
text/
Kei Sasaki

本記事は雑誌BRUTUS893号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は893号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.893
新・日本のイタリアン。(2019.05.15発行)

関連記事