生ハム別立ての2部制コース。 前人未到の高橋ワールド。

浜田岳文さんが世界に自慢したい 日本のイタリアン・レストラン。

No. 893(2019.05.15発行)
新・日本のイタリアン。
インダストリアルロック好きという共通の趣味を持つ浜田さんと高橋シェフ。料理だけでなく、音楽のマニアックな話でも盛り上がる。

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

カテゴリの記事をもっと読む

浜田岳文 フーディー
はまだ・たけふみ/1974年兵庫県生まれ。イェール大学在学中に食べ歩きを開始。卒業後はパリに留学。世界115ヵ国・地域を食べ歩いた。美食家が選ぶ世界的ランキング「OAD(Opinionated About Dining) Top Restaurants」で2018年レビュアーランキング第1位。

ペレグリーノ

東京都渋谷区恵比寿2−3−4☎非掲載。19時30分一斉スタート。月曜・火曜・木曜休。予算40,000円前後(時期により異なる。ドリンクペアリング、ミネラルウォーター込み)。予約はOMAKASEから。

photo/
Shin-ichi Yokoyama
text/
Kei Sasaki

本記事は雑誌BRUTUS893号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は893号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.893
新・日本のイタリアン。(2019.05.15発行)

関連記事