レシピじゃない、限りなく ネイティブに近い感覚を。

イタリア滞在10年超えで帰国したシェフたち、その味。

No. 893(2019.05.15発行)
新・日本のイタリアン。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

カテゴリの記事をもっと読む

サン・ヤコピーノ/東京都墨田区錦糸 4−11−7 2F☎03・6456・1716。17時30分〜22時LO。月曜・月2回火曜休。300円(パン含む)。前菜の盛り合せ6種1人前1,620円、10種1人前2,140円(10種は2人前から)。予約がおすすめ。

ラ・トラットリアッチャ/東京都港区南麻布4−2−49 麻布サンパレス203☎03・6874・3637。12時〜13時30分LO、18時〜22時LO。日曜休。300円(パン含む)。カウンター、2〜10名の個室もあり。予約がおすすめ。

photo/
Satoshi Nagare
text/
Naoko Ikawa

本記事は雑誌BRUTUS893号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は893号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.893
新・日本のイタリアン。(2019.05.15発行)

関連記事