最初に感動していたことが 日常になって見えるもの。

イタリア滞在10年超えで帰国したシェフたち、その味。

No. 893(2019.05.15発行)
新・日本のイタリアン。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

カテゴリの記事をもっと読む

オルトレヴィーノ/神奈川鎌倉市長谷2−5−40☎0467・33・4872。リストランテ12時〜18時30分LO(ショップ〜19時)。水曜休。リストランテは要予約。生ハム、チーズ、手打ちパスタやソース、デリテイクアウト、ワイン、食材の販売あり。

オステリア イル・カント・デル・マッジョ/京都府京都市中京区堺町通蛸薬師下ル菊屋町512−2☎075・211・7768。17時〜22時。木曜休。300円(パン含む)。要予約。プロシュットほか自家製生ハムもあり。ワインはグラス700円〜。

photo/
Satoshi Nagare, Kunihiro Fukumori(Kyoto)
text/
Naoko Ikawa

本記事は雑誌BRUTUS893号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は893号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.893
新・日本のイタリアン。(2019.05.15発行)

関連記事