イタリアのイタリア料理が 急速に変わった時代。

皿に表れるスピリット。イタリア滞在10年超えで帰国したシェフたち、その味。

No. 893(2019.05.15発行)
新・日本のイタリアン。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

カテゴリの記事をもっと読む

リストランテ センソ/東京都港区白金台5−17−10 SHIROGANEDAI THE 2000 B1☎03・5449・6777。12時〜14時LO(土のみ)、18時〜21時30分LO。日曜・第2月曜休。6皿のコース10,800円もあり。ペアリングは1杯1,300円〜。要予約。

オステリア スプレンディド/東京都渋谷区東4−6−3 Belle Air B1☎03・3406・0900。18時〜23時LO。日曜休(月曜が祝日の場合は日曜営業、翌月曜休)。10%。ほかに5皿7,000円、10皿12,000円のコースもあり。要予約。

photo/
Satoshi Nagare, Kunihiro Fukumori(Kyoto)
text/
Naoko Ikawa

本記事は雑誌BRUTUS893号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は893号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.893
新・日本のイタリアン。(2019.05.15発行)

関連記事