伝統的なシチリア素材を丸ごと堪能できるショップ兼レストラン。

Coming Soon?? |日本に来て来て、あの店、このサービス!

No. 893(2019.05.15発行)
新・日本のイタリアン。
店内の壁に飾られた40種類ほどの瓶詰商品はすべて売り物。ジャムからナッツ類まで幅広い。

FUD

この店の魅力は?

1. ここでしか手に入らないシチリア食材満載。
2. オリジナルの食材も豊富に展開。
3. すべてのメニューがお持ち帰り可能。

 シチリアの食の研究家でありかつ伝統保護団体の仕事を務めるアンドレア・グラッツィアーノ。彼が経営する、カターニアとパレルモで大人気の名店〈FUD〉がついにミラノに上陸した。

 店に並ぶのは、アンドレアが10年間費やし調べ尽くした絶滅寸前のシチリアの伝統食材のチーズやハム、小さな工房で作られる厳選されたサラミ、ワイン、オリーブオイルなど約100種! 生産者たちと直接吟味を重ね、〈FUD〉のオリジナルブランドとして発信しているのだ。そのため、タイミングによって商品は変化する。例えば野生の豚のベーコン、スイーノ・ネロ・ディ・ネブロディは入荷した時しか味わえない貴重な品。

 また、エトナのワイン、ラグーザのロバのサラミといった他店の食材もあり、まさにシチリアの恵みが丸ごと詰まった店である。

 それらの食材を使った料理も提供していて、パニーノやハンバーガーなどシンプルな料理が中心だ。パレルモの地鶏を使ったハンバーガーはカレー風味のオリジナルソース入りで一度食べると忘れられない味。食材はあくまでもシチリアだが、素材の味を引き立てるための調理法も考案している。

 現在、南イタリアには難民が多く辿り着いている。ここでは難民たちにも仕事を作れるようにプログラムを作り受け入れる態勢をとるという。とにかく素晴らしい志を持つ店。日本上陸が待ち遠しい。

カテゴリの記事をもっと読む

フッド

ナヴィリオの運河沿いに開店。ジャム等瓶詰商品は4.5〜8.5ユーロ、オリーブオイルは4〜18ユーロなど。●Via Casale 8, Milano☎(39)
02・3652・7297。12時〜翌1時。無休。https://www.fud.it

photo/
Frank Vaughan
text/
Kiyoe Sakamoto
edit/
Kazumi Yamamoto

本記事は雑誌BRUTUS893号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は893号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.893
新・日本のイタリアン。(2019.05.15発行)

関連記事