ライフスタイル

ウォルター・シーガルが伝えた、 シンプルなセルフビルド・メソッド。

Walter Segal Method

No. 892(2019.05.01発行)
居住空間学2019
Segal Close イギリス初の区営のセルフビルド企画〈シーガル・クローズ〉の一軒で、ジョン・ブルームが姉と建てた家のインテリア。シンプルな木造住宅は日本的な印象も。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

ライフスタイルカテゴリの記事をもっと読む

ウォルター・シーガル

1907年ベルリンに生まれる。子供時代は南スイスのアスコナで過ごし、バウハウス創設者グロピウスの推薦でベルリンの大学で建築を学ぶ。卒業後マヨルカ島、エジプトと渡り、ロンドンへ。AAスクールで教鞭を執る。晩年はセルフビルドの普及に従事。1985年急逝。

Jon Broome House

1995年に建てられたロンドンのルイシャム区にあるジョン・ブルームの自邸。家の中にはブルームの設計事務所もあり、ここからセルフビルドやそのほかのプロジェクトを立ち上げてきた。近頃リタイアしたブルームだが、セルフビルドの指導や執筆は継続中。

photo/
Taran Wilkhu
text/
Megumi Yamashita
edit/
Kazumi Yamamoto

本記事は雑誌BRUTUS892号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は892号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.892
居住空間学2019(2019.05.01発行)

関連記事