建築・インテリア

造園家、齊藤家の1年。

居住空間学2019

No. 892(2019.05.01発行)
居住空間学2019
緑が鬱蒼と生い茂る、都心の住宅とは思えない眺めは昨夏のもの。隣地と同じ樹種を植えるなどして緑を馴染ませた庭は齊藤さん自身がデザインした。2018年 夏

この記事は会員限定です。
会員登録してお楽しみください。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

さいとう・たいち

岩手県生まれ。高校在学中からガーデナーとしての仕事を始め、2011年DAISHIZEN設立。植物のプロ集団〈SOLSO〉代表として住宅や商業施設、インドアグリーンからランドスケープまで、さまざまなグリーンについての提案、ショップ運営などを手がける。
左官仕上げの外壁と下見板張りが目を引く前面道路からの眺め。

photo/
Norio Kidera
text/
Sawako Akune
edit/
Kazumi Yamamoto

本記事は雑誌BRUTUS892号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は892号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

No.892
居住空間学2019(2019.05.01発行)

関連記事