美術

曜変で何を飲んでいた? 謎めく宋の茶文化に迫る。

中国・建窯ミステリーツアー。

No. 891(2019.04.15発行)
曜変天目 宇宙でござる!?
〈北苑茶園〉跡に残る磨崖石刻には、茶園の由来を記した楷書体80字による碑文が陰刻されている。石碑を保護する北苑茶事石刻保護亭の実現には、故・林屋晴三氏が尽力した。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録してお楽しみください。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

千 宗屋

せん・そうおく/1975年京都府生まれ。武者小路千家15代家元後嗣。斎号は隨縁斎。慶應義塾大学大学院前期博士課程修了。古美術から現代美術に至る幅広い領域で、研究、執筆、キュレーションに携わる。近著に『茶のある暮らし 千宗屋のインスタ歳時記』。

photo/
Tadayuki Minamoto
text&edit/
Masae Wako

本記事は雑誌BRUTUS891号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は891号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

No.891
曜変天目 宇宙でござる!?(2019.04.15発行)

関連記事