〈こむらさき 天文館店〉の 「ラーメン(鹿児島黒豚チャーシュー入り)」

自分史上最多ごはん

No. 890(2019.04.01発行)
花と花束。
かんすいを不使用の細い蒸し麺と、シイタケの旨味がポイントのあっさり豚骨スープは唯一無二の味と人気。並盛950円(税込み)。(☎099・222・5707)

気鋭の監督が「鹿児島に住みたく なるくらいハマった」と語る味。

初めて食べたのは、子供の頃に鹿児島出身の両親と里帰りしたとき。でも、自分自身ではっきりと「好きだ」と自覚したのは意外と遅くて、実は30代に入ってからです。シイタケ風味の上品な豚骨スープと細麺のバランスが絶妙で、お通しで出てくる甘口の漬物をかじりながらあの“匂い”を待つ時間がたまりません。とにかくよそでは絶対に食べられない味なので、今やラーメンは〈こむらさき〉以外はほとんど口にしません。また、鹿児島に帰る際は〈こむらさき〉を訪れるスケジュールを軸に旅程を組んでいます。3泊4日なら2度は行きたい!

吉田大八 映画監督。『桐島、部活やめるってよ』などを手がける。4月5日から2週連続放送の『離婚なふたり』(テレビ朝日系)でドラマスペシャル初演出。

取材・文/
小石原はるか

本記事は雑誌BRUTUS890号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は890号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

No.890
花と花束。(2019.04.01発行)

関連記事