東大阪〈お食事処「華商」〉の 「やきそばチキンカツ定食」

十中八九同じ!思い出巡りの料理レシピ

No. 889(2019.03.15発行)
服があるのに、着たいものがない?

 僕の母校、日本有数のマンモス校・近畿大学。1日数万人が学び?に来る広大なキャンパスの2~3割は、体育会のグラウンドや練習場。近くにあった〈お食事処「華商」〉は、体育会所属学生御用達。空腹を満たすために、どのメニューも安くて大盛り。あらゆるメニューにチキンカツが大活躍で、チキンカツ定食にポン酢チキンカツ丼、チキンカツラーメンなんてのもあった。文芸学部の僕が、体育会に交ざってよく食したのが「やきそばチキンカツ定食」。特大チキンカツ+焼きそば+日本昔話ご飯+味噌汁+冷奴=驚安600円。チキンカツ丼の上に肉炒めがのっているスタミナ丼は、体育会の間で「完食して一人前」といわれるほどの爆盛り。ヘルシーなんて糞食らえ。胸焼け小焼けで日が暮れて~。食後は腹パンすぎて死ぬ思い出death。

思い出再現レシピ(2人分)

①鶏むね肉1枚を観音開きにして薄くする。2等分し、塩コショウ→小麦粉→溶き卵→パン粉をつけて揚げる。
②中太麺焼きそば2玉・サラダ油・豚こま切れ50g・キャベツ50g・ソース適量で焼きそばを作り、2等分する。
③皿に焼きそば・チキンカツをのせ、ソース・マヨネーズをかけて完成。

くっく・いのうえ。

食関係の資格を6つ所有する最強料理芸人。TV・ラジオのほか、レシピ開発や商品監修も行う。

写真・文/
クック井上。

本記事は雑誌BRUTUS889号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は889号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.889
服があるのに、着たいものがない?(2019.03.15発行)

関連記事