ファッション

繊維の未来は「構造タンパク質」にある!

号外ブルータス繊維新聞

No. 889(2019.03.15発行)
服があるのに、着たいものがない?
SPIBER 2007年に山形県鶴岡市で創業。写真は、人工構造タンパク質「クモノス®」から作られた紡績糸。見た目には普通の糸と大差がないのがわかる。
BOLT THREADS 2009年にカリフォルニアで創業し、14年に現社名に変更。人工クモの糸「マイクロシルク」などを、ステラ マッカートニーと共同で開発を進めている。

この記事は無料会員限定です。
無料会員登録していただくとすぐに楽しめます。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

写真部/
石川俊介,角戸菜摘,増田海治郎,川野 達朗,キャロル・ベラシェ
編集/
増田海治郎

本記事は雑誌BRUTUS889号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は889号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.889
服があるのに、着たいものがない?(2019.03.15発行)

関連記事