ファッション

伝えたい価値を visvimらしく届ける。

STYLEBOOK 2019 S/S

No. 889(2019.03.15発行)
服があるのに、着たいものがない?
作業場の限られたスペースを最大限生かすため、長い作業台が回転する仕組みになっている。熟練の職人さんが黙々と作業を続ける。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録(457円・税別/初月無料)していただくとすぐに楽しめます。
有料会員登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

問合せ

visvim☎03・5468・5424

photo/
Keisuke Fukamizu
hair/
Kenichi Yaguchi
text/
Kosuke Ota

本記事は雑誌BRUTUS889号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は889号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。掲載されている商品やサービスは現在は販売されていない、あるいは利用できないことがあります。あらかじめご了承ください。

No.889
服があるのに、着たいものがない?(2019.03.15発行)

関連記事