ファッション

COMOLI

価値ある服が生まれる場所。アトリエ編

No. 889(2019.03.15発行)
服があるのに、着たいものがない?
南青山にあるアトリエは自然光の入るワンフロア。デザインから生産管理まで、すべてのスタッフが同じ空間で働いている。シーチングのトワルは次の秋冬のコート。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録してお楽しみください。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

Keijiro Komori

コモリ・ケイジロウ/1976年東京都生まれ。文化服装学院スタイリスト科卒業。セレクトショップなどで10年間企業デザイナーの経験を積んだ後、独立。2011年、現代に向けての日常着として〈コモリ〉を立ち上げる。

photo/
Taro Mizutani
hair&make/
Kenichi Yaguchi
edit/
Naoko Sasaki

本記事は雑誌BRUTUS889号の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容は889号発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

No.889
服があるのに、着たいものがない?(2019.03.15発行)

関連記事